写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TOKYO KIMONO WEEK 実行委員会は17日〜29日、東京都中央区日本橋で「TOKYO KIMONO WEEK 2013〜きもの・和・日本橋〜」を開催する。

○着物の魅力を広く発信

同イベントは、着物文化を発信し街ににぎわいを創出するイベント。日本橋を訪れる多くの人に着物の美しさを体感してもらい、日本独自の文化として愛されている着物の魅力を、日本橋から全国に発信していく。

7回目を迎える今回は、恒例となった「日本橋 橋上」で行われる「きもの大集合写真」や「きものフォトセッション」、着物を着用して日本橋の老舗・名店などに来店するとさまざまなサービスが受けられる「きもの特典」に加え、歌舞伎役者・市川海老蔵氏が語る「和の世界(23日)」や、中村獅童氏とその母である小川陽子氏が出演する講演会「梨園に学ぶ 和のおつきあい術(24日)」を初開催。

また、日本橋三越本店と日本橋高島屋の両百貨店が「TOKYO KIMONO WEEK」のためにコーディネートする計24着の着物が会場を華やかに彩るほか、両百貨店による連携企画「きものスタンプラリー」も初めて開催される。

主なイベントの内容は以下の通り。

「きもの大集合写真」は、日本橋の橋上を通行止めにして、着物姿の一般参加者(2012年実績約200名)と大集合写真を撮影。日時は27日14時〜。参加無料(小雨決行)。

「きものフォトセッション」は、三井本館周辺、コレド日本橋アネックス広場にて、着物着用の人を対象にプロのカメラマンが写真撮影をする。日時は27日10時〜。参加無料。

「きもの特典」は、着物を着用して日本橋の老舗・名店(82店舗・3日現在)に来店した人に、ワンドリンク無料などさまざまなサービスを提供する。日程は17日〜29日。

「市川海老蔵 特別プログラム 和の世界」は、日本橋にゆかりのある成田屋 十一代目海老蔵氏によるトークショー。自主開催している“ABKAI”の映像や、華道家元 池坊によるデモンストレーションも行う。日時は23日11時〜。料金は3,000円(郵送手数料別途500円)。

「梨園に学ぶ 和のおつきあい術」は、挨拶・贈りもの・手紙はおつきあいの根幹という、小川陽子氏に聞く「和のおつきあい術」。特別ゲストとして中村獅童氏も出演する。また、会場である日本橋三井ホールには、三越・高島屋が演出・コーディネートする24着の着物を展示する。日時は24日19時〜。料金は2,000円。

「きものスタンプラリー」は、日本橋三越本店と日本橋高島屋が連携するスタンプラリー。期間中に着物を着て両百貨店のスタンプを集めると、各店先着500名に「TOKYO KIMONO WEEK 2013」オリジナルの限定手ぬぐいがプレゼントされる。日時は25日〜27日。参加無料。

イベント内容が多岐にわたるため、詳細は「まち日本橋 特設ページ」を参照のこと。

(エボル)