写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オバケンランド制作委員会は12月1日まで、東京都中野区にて、お化け屋敷「オバケンPremium・マイケルティーTHEリアルお化け屋敷-婆医のハザード-クロニクルズ」を開催している。

○リアルなホラーゲーム気分が味わえる

同施設は、東京都杉並区のお化け屋敷「オバケン」が新たに開設したお化け屋敷。お化け屋敷プロデューサーのMICHAELTY(マイケルティー)氏の手によるリアルな恐怖を特徴とする。

場所は東京都中野区南台5丁目23-17 ルミナス南台1階。開催期間は12月1日まで。火曜休館。営業時間は、純粋に気軽に定番の絶叫お化け屋敷が楽しめる「戦慄エスケープモード」が土日祝日11時〜16時30分。攻略要素を加えてリアルホラーゲーム気分を味わえる「絶望ミッションモード」が火曜日を除く17時〜20時(1日12組限定・1組最大4名)。料金は「戦慄エスケープモード」が大人1,000円・中高生800円。「絶望ミッションモード」が一律1面1,500円、2名1組1人1,200円・3名以上1組1人1,000円。

12歳未満は入場禁止。また「絶望ミッションモード」はリタイア者が出る等の場合は、時間が許す限り入場可。詳細は「婆医のハザード公式サイト」を参照のこと。

(エボル)