『幕末高校生』でW主演を務める玉木宏と石原さとみ

写真拡大

フジテレビと東映がタッグを組み、“若い世代もターゲットにした時代劇”というコンセプトのもと、ポップなテンポで描かれる映画『幕末高校生』(14年夏公開)の制作が発表された。W主演に玉木宏と石原さとみ、監督を李闘士男が務める。

【写真を見る】『幕末高校生』のシーンカットはコチラ!/[c]2014「幕末高校生」製作委員会

舞台は1868年、幕末。無益な戦いを避けるべく、西郷隆盛へ和平の使者を送った勝海舟。彼はある日、幕府に捕えられていた“未来からやって来た”という高校教師・川辺未香子とその教え子・雅也と出会い、彼らの面倒を見ることになる。未来で「歴史」を教えているという未香子は「和平交渉が行われるから、江戸で戦は起こらない」と言い切るが、西郷隆盛から勝の元へ使者が来ていないことから、歴史が変わってしまっているのでは!?という疑念が生まれる…というストーリー。

本作で勝海舟に扮する玉木宏は、「過去、諸先輩方がたくさん演じられてきた“勝海舟”ですが、今改めて自分がそれを演じる意味や、彼の新しい面を提供したいという気持ちを強く持つようにしています」と意気込む。衣装についても、「時代もちょうど過渡期ということで純粋な着物とはまた違った、少し形の変わったパンツスタイル。斬新というかお洒落だと思います」と一般的な勝海舟のイメージを一新するものになりそうだ。

一方、石原さとみは自身が演じる川辺未香子について、「基本的には、明るくて一生懸命なキャラクターだと思います。歴史の事も本当に大好きで。ただ、実際に三者面談など生徒の将来に関わる事となると、責任を負えない。「無理だ」と思ってしまう、ある意味人間らしい臆病なところがある女性ですよね」と話す。勝海舟についても、「威厳・貫禄がある人という感じですが、玉木宏さんが演じる勝海舟は“キラキラ”していますよね!ドラマチックな時代だからこそ、玉木さんの演じる新しい勝海舟のイメージ像がすごく面白いと思います」とのことだ。

「テルマエ・ロマエ」、「信長のシェフ」、「JIN-仁-」、「タイムスクープハンター」など、“タイムスリップ”をテーマにしたヒット作が多いなか、本作もその仲間入りを果たせるのか。いまから注目したい。【Movie Walker】