雪印メグミルク、「ネオソフト」を10月下旬出荷分から実質値上げ

写真拡大

雪印メグミルクは、家庭用油脂商品「ネオソフト」(320g)の容量を300gに変更し、10月下旬出荷分より順次切り替えると発表した。

今回の容量変更は、マーガリン類の主原料となる植物油脂の価格が高値推移の状況が継続しており、エネルギーコストや為替変動による原料調達コストも上昇していることに起因する。

同社はコストアップを吸収すべく努めたが、吸収可能な範囲を超える水準であるため、容量変更を実施することになったという。希望小売価格やパッケージサイズ、賞味期間などに変更はないとのこと。