ヤフーが「無料」EC戦略で日本一狙う 個人出店も可能に

写真拡大

 ヤフーが10月7日、日本で最大のeコマースの場を提供することを目指し、新戦略を発表した。「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」のストア出店料を無料に、年内を目処に「Yahoo!ショッピング」への個人出店を可能にすることを決定。2019年までに圧倒的な商品数を誇る日本一のECサイトを目指すという。

ヤフーが「無料」EC戦略で日本一狙うの画像を拡大

 ヤフーはeコマース事業における新戦略の要として「料金」を抜本的に改正。「Yahoo!ショッピング」においては、出店の初期費用 21,000円(税込)や月額費用 25,000円(月/税込)、売上の1.7%〜6.0%としていたロイヤリティを2013年10月請求分より完全無料に、「ヤフオク!」においては個人の出品システム利用料や買い手の入札にかかる費用を原則無料化する。大幅な料金改定施策だけではなく、「Yahoo!ショッピング」内への出店を個人に開放し、新しいビジネスチャンスを創出する機会を提供。売り手と買い手の双方が使いやすい機能の追加や、サイトのリニューアル、「Yahoo!ショッピング」からの外部リンク解放など、eコマースプラットフォームとしての基盤構築にも注力する。
 
 10日に開催された会見は「孫正義 基調会見」と題してUSTREAM(ユーストリーム)を通じて配信。「ヤフージャパンは間違っていた」と切り出した登壇者のヤフー取締役会長の孫正義氏は、「本日をEコマース革命の日として、みなさんと一緒に最大のeコマースの場を作りたい。2019年までに商品数No.1、国内EC流通総額No.1を実現したい」と宣言した。