写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本航空(以下、JAL)は10月7日の取締役会において、中長距離路線用の更新機材として、エアバスのA350型機の導入を決定。A350-900型機18機及びA350-1000型機13機からなる確定31機、及びオプション25機の購入契約を締結した。

○ビジネスチャンスに積極的に対応する機体

統合前の「株式会社日本エアシステム」による発注を除くと、今回のエアバス機発注はJALにとっての初めての試みであり、エアバスが日本の航空会社からA350型機を受注するのも初めてとなる。今後、両社は2019年のA350型機運航開始を目途に準備し、6年程度で更新を進めていく予定となっている。

A350型機は、2014年の商業運航に向けて6月より試験飛行が行われている-900型のほか、派生型として長胴型の-1000型、及び短胴型の-800 型の開発が進められており、新開発のロールスロイス社製エンジンがいずれにも装着される。

また、胴体・主翼など広範囲に複合材を用いることにより、同サイズの既存機に比べて大幅な燃費改善が見込まれるなど、優れた経済性が期待される。加えて、A350型機は機内の気圧を地上に近づけることなどで快適な空の旅を実現し、燃費改善によって二酸化炭素や窒素酸化物の排出も抑える仕組みとなっている。

JALの植木義晴代表取締役社長は、「JALは、高い運航性能、商品競争力を持ったA350型機を最大限に活用し、首都圏発着枠拡大を始めとするビジネスチャンスに積極的に対応していきます。今後も、機材更新による変動費の低減などで収益性の向上を図りつつ、新しい客室仕様や着実なネットワーク展開により、常にお客さまに最高のサービスを提供してまいります」とコメントしている。