写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JALグループは、6月1日より実施しているJAL東北応援プロジェクト「行こう!東北へ」の一環として、12月より「行こう!東北へ 特別塗装機」を就航する。

○アイコンデザイン機が日本中を飛ぶ

特別塗装機のデザインには、この取り組みの趣旨に賛同し、事前にWebサイトから応募した人の「Facebookアイコン」を使用。同機が日本各地を飛び回ることにより、被災地への関心を改めて呼び起こし、少しでも多くの人々が東北へ来訪することで、被災地の観光と産業の振興につなげることを狙いとしている。

また、Webサイトでの応募においては、応募者1,000人ごとに「桜の木1本」を東北に寄贈するプログラムを実施する。津波によりほとんどの桜の木が流されてしまった宮城県女川町を、再び桜に囲まれた町に戻すために結成された「女川桜守りの会」に、応募者数に応じた本数の桜の苗木をJALより寄贈する予定。

応募は、みんなの気持ちを飛行機にのせて、一緒に東北へ飛び立とう!まで。10月31日まで応募を受け付ける。なお、応募にはFacebookアカウントが必要。

(フォルサ)