ホワイトとレッドのコントラスト

写真拡大

フィアットクライスラージャパンは2013年9月末までに、アルファロメオ ジュリエッタの新グレード「ジュリエッタスポルティーバ」の限定車「ジュリエッタスポルティーバ スペシャルエディション」を発売した。

標準設定では選択できないカラーコンビネーション

「ジュリエッタスポルティーバ」は、サイドフェンダーの専用エンブレムや、アルファロメオのモータースポーツのシンボルである四葉のクローバーが施されたアルミキックプレート、これまで最上位グレード「クアドリフォリオヴェルデ」にのみ採用していたレザーシートを搭載した新グレードだ。

限定100台の販売となる「スペシャルエディション」は、アイスホワイトのボディカラーにレッドレザーの内装という、標準設定では選択できないカラーコンビネーションが特長。

走行性能は「ジュリエッタスポルティーバ」と同じで、価格は368万円。