●Pandora Returns

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 林達永・金光鉉・アートリムメディア・キルタイムコミュニケーション/フリージング ヴァイブレーション製作委員会

<キャスト>
サテライザー=エル=ブリジット:能登麻美子
アオイ=カズヤ:市来光弘
ラナ=リンチェン:花澤香菜
エリザベス=メイブリー:甲斐田裕子
シフォン=フェアチャイルド:井上麻里奈
キャシー=ロックハート:釘宮理恵
ロックサンヌ=エリプトン:寺川愛美
シャルル=ボナパルト:山口立花子
ユリア=ムンベルク:東城日沙子
アミリア=エヴァンス:三森すずこ
ジーナ=パープルトン:橘田いずみ
ラトル:桑原由気
スカーレット=大原:雪野五月
アオイ=源吾:斧アツシ

●ストーリー
人類を襲う謎の敵《異次元体ノヴァ》との戦いで最愛の姉を失った少年・アオイ=カズヤは、ノヴァに対抗できる力を持った戦士《パンドラ》とそのパートナー《リミッター》の育成機関の一つ《ウエストゼネティックス》へ編入する。

そこでカズヤは《接触禁止の女王》として恐れられる少女・サテライザー=エル=ブリジットと出会う。
亡き姉の面影を残したサテライザーに惹かれるカズヤは、拒絶されながらも彼女と共に戦いへと身を投じ、徐々にその距離を縮めていく。

そんな中、《ゼネティックス》の上位機関である《シュバリエ》の命令によって、カズヤたちはアラスカにある基地へと派遣される。そこでは新たなノヴァへの対抗策として、人工的にパンドラを作り出す《Eパンドラ計画》が進められていた。
●アラスカの地にて
カズヤ、サテライザー、ラナは極寒の地アラスカの上空を移動中に、

「今から飛び降りて戦え!」


との指示が出ます。そこで飛び降りる3人。

その地には既に敵であるノヴァが!対抗するサテライザーとラナですが…。
●Eパンドラ計画
意外とあっさりノヴァを撃退したサテライザー達。しかし、ノヴァの不意打ちを受けてしまったサテライザー。そこへフォローに入るエリザベス=メイブリーとシフォン=フェアチャイルド。

エリザベス「どうやら仕組まれたようね。」

これらは人工的にパンドラを作り出す計画(Eパンドラ計画)の実験のようだった模様。

※ちなみにサテライザーのおっぱ○が…。

そのまま目的地のアラスカにあるEパンドラ研究所へ向かうも…。

ラナ「カズヤ君は私のリミッターであります。」
サテライザー「なんでお前のリミッターがカズヤ!?」
ラナ「接触禁止の女王の気分が抜けないサテライザーさんは洗礼を済ませていないですし、私のセカンドがお似合いであります!」

●Eパンドラ研究所
Eパンドラ計画により人工的に聖痕を作り出すという方法、それは決して奨励し難い行為ではあるけれど、パンドラに適合する女性のパンドラ志願率は2%程度。それはパンドラの殉職率の高さからくる恐れがあるようです。但し、パンドラになった後の高待遇や高い地位への魅力、それは大きいようです。

Eパンドラ研究所へやってきたサテライザーとラナ達。そこにやってきた全世界のゼネティックス学園から集められた最強のパンドラ達ですが…。

サテライザー「こんな短いスカート、無理!」

※全体的にかなりの残念系美女が集まってきているのは確かなようです。
●Eパンドラ
Eパンドラであるアミリア=エヴァンス。彼女は人工的に聖痕を作り出され、パンドラとなったもの。それゆえ、元来からパンドラである者とは多少能力的に落ちる面もあるようです。

そういえば、第2期もおっぱ○丸出し全開バリバリじゃないか!「フリージング ヴァイブレーション」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
(ネタバレ注意)TVアニメ「フリージング」第12話、最後に彼女を助ける者は。
▼外部リンク

「フリージング ヴァイブレーション」TVアニメ公式Webサイト
「フリージング ヴァイブレーション」AT-X公式Webサイト