5年ぶりに優勝カップを掲げる片山晋呉(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<コカ・コーラ東海クラシック 最終日◇6日◇三好カントリー倶楽部西コース(7,315ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」。3日目に“63”の猛チャージで急浮上した片山晋呉が最終日も1イーグル5バーディ2ボギーの“67”をマーク。勝負の行方はトータル7アンダーで並んだ片山、星野英正、冨山聡の3選手によるプレーオフに持ち越されたが、1ホール目できっちりパーをセーブした片山が2008年以来5年ぶりとなるツアー優勝を果たした。
片山晋呉が別世界のゴルフ!“64”マークで優勝戦線に急浮上!
 トータル2アンダー7位タイからスタートした片山は序盤から猛チャージ。1番ホールをバーディとすると、2番パー5ではグリーン手前からのアプローチをチップインさせてイーグルを奪取。この時点で単独2位に浮上した。また同組でラウンドした星野も2番から連続バーディを奪うなど快調にスコアを伸ばし、試合はだんだんとこの2選手によるシーソーゲームへと移行していった。
 前半を終えた時点で両者のスコアはトータル5アンダー。まず先行したのは片山で10番をバーディとして星野を一歩リード。しかし星野も負けじと13番からの連続バーディで片山を逆転。トータル7アンダーとして単独首位に立った。その後も息を呑む展開が続く。16番で片山がバーディとして再び首位タイに並びかけるが、続く16番でボギー。再び星野1打リードで迎えた17番は共にバーディとして星野がリードを保ったまま最終ホールへ。しかしここで星野がティショットのミスから痛恨のボギー。一方で片山はバーディ逃しのパー。結局正規の18ホールでは決着がつかず、勝負は冨山を交えたプレーオフに突入した。
 プレーオフの明暗はティショットの結果が分かつことになった。会心のショットでフェアウェイセンターをとらえた片山に対し、星野は左ラフ、冨山は右のファーストカットに打ち込んでしまう。最初にセカンドを打った星野のボールはライが悪かったため、池の手前のフェアウェイに落ち、そこからのリカバリーに失敗しボギー。一方、冨山のセカンドは池に打ち込みこちらもボギー。それを見た片山はきっちりとグリーン左奥にオン。距離のある決して易しいパットではなかったが、片山これを落ちついて2パットのパー。最後のパットを沈めた瞬間、片山は両手を突き上げる歓喜のガッツポーズ。2008年「三井住友VISAマスターズ」以来5年ぶりとなる復活優勝を果たした。
 2009年の海外メジャー「マスターズ」で4位タイに入って以降、一時“燃え尽き症候群”とも言える状態でゴルフへのモチベーションを失ってしまった片山。しかしここ2年は再び新たな自分のゴルフを構築すべく、くすぶっていた闘志に再び火を点け練習とトレーニングに没頭してきた。「辛いと思ったことはなかったし、ゴルフが嫌になったわけじゃなかった。毎日充実した良い期間を過ごしてきたと思うし、実際40歳になった今、飛距離も伸びてゴルフの技術は確実に進化した」
 肉体のトレーニングやゴルフの練習はもちろん、自分のミスに関する詳細なデータを収集してマネジメントに生かすなど、“新生”片山晋呉を作るべく努力を重ねてきた片山はそれを証明するように今季、コンスタントに成績を残してきた。「いつ優勝してもおかしくない」新たに構築した自分のゴルフに対する自信から片山は今季この言葉を口にしていたが、今日、大差からの大逆転でその言葉を証明してみせた。
 「これから新しい自分でどんな挑戦ができるのか楽しみ」今の片山が見据えるのは2008年以来となる賞金王獲得、そして海外メジャー「マスターズ」に出場すること。「正直、今の若い選手は飛距離も出るし、今から世界で戦うのは厳しいと思ってる。でも「マスターズ」のあの場所でしか味わえないものがあるからね」“新生”片山晋呉は今日の優勝から新たな歴史を作っていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
14歳中学生アマ・岡崎練がツアー歴代3位の年少予選通過を達成!
武藤俊憲が単独首位に浮上!最終日の課題はグリーンの“読み”
松山、ウッズ組と対等に渡り合うも惜敗…米選抜がリード広げる
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング