時差ぼけを解消する薬開発へ前進

ざっくり言うと

  • 京都大の岡村均教授らが、時差ぼけの軽減をマウスの実験で成功したと発表
  • 体内時計をつかさどる脳組織が分泌するホルモンの働きを化学物質で抑えた
  • 時差ぼけを解消する薬の開発につながる成果だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング