<日本女子オープン 最終日◇6日◇相模原ゴルフクラブ・東コース(6,652ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー第3戦「日本女子オープン」の最終日。初日から首位に立っていた宮里美香が、スコアを落とし苦しみながらも通算イーブンパーで2010年の「日本女子オープン」に続き、2度目の優勝を挙げた。
 稀に見る大接戦となった最終日。2位と5打差でスタートした首位の宮里は、前半4つスコアを落とし自ら2位との差を1打差にした。後半に入りバーディを先行させるも終盤に菊地絵理香、佐伯三貴に追いつかれる。しかし追いつかれて迎えた最終18番で劇的なロングパットを決め、最後の最後で優勝を引き寄せた。
 その宮里と1打差の2位タイには一時首位タイとなった菊地絵理香と佐伯三貴の2人。続く通算2オーバー4位タイに森田理香子、野村敏京、テレサ・ルー(台湾)、申ジエ(韓国)の4人がつけた。さらに通算3オーバー8位タイには横峯さくら、アン・ソンジュ(韓国)、イ・ボミ(韓国)の3人が続いた。
 今大会初日から不調だった宮里藍は、この日もスコアを伸ばせず2オーバーでラウンド。通算16オーバー45位タイで最終日を終えた。
【最終結果】
優勝:宮里美香(E)
2位T:佐伯三貴(+1)
2位T:菊地絵理香(+1)
4位T:森田理香子(+2)
4位T:野村敏京(+2)
4位T:テレサ・ルー(+2)
4位T:申ジエ(+2)
8位T:アン・ソンジュ(+3)
8位T:横峯さくら(+3)
8位T:イ・ボミ(+3)
45位T:宮里藍(+16)他5名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
菊地絵理香、パット開眼の裏に賞金王の教え
宮里美香、“3回目”の大差で迎える日本女子オープン最終日
フォアサムマッチ松山組は劣勢…競技は2日連続サスペンデッド
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング