<日本女子オープン 最終日◇6日◇相模原ゴルフクラブ・東コース(6,652ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー第3戦「日本女子オープン」の最終日。全選手がハーフターンを終えた時点で、2位と5打差でスタートした首位の宮里美香は前半スコアを崩すも何とか通算1オーバーで単独首位をキープしている。その宮里は出だし1番でボギーを叩く嫌なスタート。続く3、4番で連続ボギーを叩き一気にスコアを崩す。さらに8番でも落とし前半はノーバーディ・4ボギーで4つ落とし5打差あった2位との差が1打差に縮まった。
 宮里と1打差の2位タイには今日ノーボギーのテレサ・ルー(台湾)、イ・ボミ(韓国)、シン・ジエ(韓国)、そしてこの日4つ伸ばし猛追してきた森田理香子がの4人が通算2オーバーで並んだ。また、昨日単独2位に浮上した菊地絵理香は前半1つ落とし通算3オーバー6位タイに後退。その他6位タイには佐伯三貴がつけている。
 今大会初日から不調の宮里藍は最終日2バーディ・4ボギーでラウンドし通算16オーバー45位タイでホールアウトした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
菊地絵理香、パット開眼の裏に賞金王の教え
宮里美香、“3回目”の大差で迎える日本女子オープン最終日
米選抜がリード!松山、スコット組は追い上げられるも勝利!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング