「EZ-063」

写真拡大

タニタは2013年10月1日、活動量計のエントリーモデル「EZシリーズ」から、「歩き」と「早歩き」を自動で判別して計測する「カロリズム EZ-062」と、ジョギング中の消費カロリーや距離、時速を計測できる「同 EZ-063」を発売した。価格はオープン。

ジョギングサポート機能搭載モデルも

ウオーキングサポート機能を備えた「EZ-062」は、独自のアルゴリズムによる「早歩きセンサー」を搭載し、「歩き」と「早歩き」を自動で判別する。自身のウオーキング内容の振り返りや、早歩きと通常の歩行を交互に繰り返すウオーキング法の実践に役立つ。早歩きの速さのレベルは5段階に設定可能だ。カラーは、レッド、ブラック、ホワイトの3種類。サイズは縦13×横75×高さ35ミリ、重量は約25グラム(使用時)。想定実売価格は、3500円前後。

また、ジョギングサポート機能を備える「EZ-063」では、走行中の消費カロリーや距離、時速をストップウオッチ感覚で計測できる。累計走行距離を表示するほか、夜間の使用でも表示が見えるバックライトが付いている。カラーは、グリーン、ピンク、ブラックの3種類。サイズは縦14×横75×高さ35ミリ、重さは約27グラム(電池含む)。想定実売価格は、4000円前後。