写真提供:マイナビニュース

写真拡大

列車で旅をしたい。乗り鉄の達人になりたい。そんな人に贈る「乗り鉄入門」の第5回。旅の日程が決まったら、次はきっぷの手配だ。きっぷはどこで買うと有利か? 今回は希望の座席をゲットする方法や、窓口でスムーズに買うコツなどを紹介する。

○きっぷはどこで買うの?

きっぷは駅で買える。当たり前のことだけど、駅の窓口にもいろいろある。JR各社の長距離きっぷは券売機でも購入できるし、「みどりの窓口」もある。ちなみにJRの指定席販売システムは全国ネットで結ばれており、どの駅の窓口からも同じデータベースを照会する。「始発駅のほうが指定席を取りやすい」「大きな駅のほうが有利」ということはない。むしろ並ぶ人が少ない窓口のほうが、スムーズに購入できるだろう。

全国統一のシステムだから、JRのどの駅の窓口でも、JR各社の乗車券・指定券など購入可能だ。東京都内のみどりの窓口で、JR九州やJR北海道の乗車券や特急券も購入できる。きっぷを買うために、旅先の不慣れな駅で窓口を探すくらいなら、あらかじめ出発地で全行程のきっぷを用意したほうがスマートだ。ただし、これは定期列車や臨時列車の場合だ。運行本数の少ないイベント列車や企画乗車券など、発売駅が限られる場合もあるので注意しよう。

JRの指定券発行システムは、大手旅行代理店の端末機からも接続されている。定期券の更新時期などで、駅の券売機も「みどりの窓口」も行列ができているようなら、駅付近などにある旅行代理店もおすすめだ。旅行代理店は団体旅行や宿泊とセットのツアーなどがおもな商品だけど、きっぷだけの購入も可能だ。

ただし、大手旅行代理店でも小さな営業所や、独立系の旅行代理店の場合は、JRの指定券発行システムに接続する端末がないことがあり、この場合はすぐにきっぷを受け取れない。きっぷの希望を伝えて手配してもらい、後日、受取りに行くといい。複雑な行程でもていねいに対応するから、急ぎの旅でなければ活用したい。

旅行代理店はJRだけでなく、私鉄の特急券や定期観光バス、宿泊までまとめて手配してもらえる点でも便利だ。JR東海エージェンシーの「ぷらっとこだま」のように、旅行会社が独自にお得なチケットを販売するケースもある。旅行代理店によっては、インターネットで注文後、チケットを届けるサービスもあり、忙しくて窓口に並べないときに助かりそうだ。

○希望の指定席を手に入れるには?

JRの列車の指定席は、おおむね列車運行日の1カ月前にあたる日の10時から販売開始される。寝台特急「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」の展望スイートなど、人気の高い列車の指定席券を取る場合、みどりの窓口で1カ月前の10時ぴったりに端末機を操作してもらう方法がある。これを鉄道ファンは「10時打ち」と呼ぶ。

ただし、利用者がたくさん並ぶ窓口では、「10時打ち」を頼みにくい。日頃から「10時打ち」を頼みやすそうな窓口を探しておくといいかもしれない。あるいはJRの指定券発券システムを持つ旅行代理店と懇意になって、「10時打ち」を依頼してもいい。確約はしてくれないけれど、努力はしてくれるだろう。

もし「10時打ち」で希望の座席や寝台が入手できなくても、あきらめてはいけない。販売開始から出発日までの間にキャンセルが出るかもしれない。日程を動かせないなら、とりあえず第2希望、第3希望の指定席を確保しておく。その後は駅の窓口に立ち寄るたびに希望を伝えよう。JRの乗車券、特急券、指定席券などは、出発日までに1回だけ無料で変更できる。希望の列車には通路側の席しかなくても、後日、窓際に空席ができるかもしれない。

キャンセル待ちの狙い目は、「出発日の2日前」といわれる。なぜかというと、JRの特急券や指定席券をキャンセルする場合、2日前までは手数料が210円だけど、出発前日からは値上がりして、料金の3割(最低でも320円)となるから。たとえば東北新幹線「はやぶさ」の東京〜新青森間の指定席特急料金は7,000円(通常期)で、この3割だと2,100円となる。2日前までのキャンセル手数料は210円だから、たった1日の違いで10倍になってしまう。ゆえに2日前にキャンセルする人が多い。キャンセル待ちはここを狙うというわけだ。

○窓口で説明するメモを持って行こう

目的地が1カ所だけの往復きっぷなら、窓口の係員にもすぐに伝わる。しかし、数カ所を周遊したり、複数の特急列車を乗り継いだりする場合は、口頭では伝わりにくい。そこで、あらかじめ乗車券の経由ルートや希望の列車、座席の位置などをメモして持っていくといい。メモを見せれば相手に伝わるし、窓口が混んでいる場合など、メモを渡してきっぷを作ってもらい、後で取りに行くとほうがスムーズだ。

こうしたメモは、旅を計画するとき、行程表と一緒に作っておく。本人にとっても行程がわかりやすくなり、旅のイメージが膨らむ。面倒に見えて、じつは楽しい作業だ。なお、みどりの窓口などに、乗車券や指定席券の申込用紙がある。窓口で記入すると時間がかかるし落ち着かないから、1枚いただき、家であらかじめ記入しておくといいかもしれない。

○窓口の係員と仲良くなるのもひとつの手!?

窓口の担当者との相性も重要だ。図でも紹介した寝台特急「トワイライトエクスプレス」の旅は、同行する友人が乗車券、特急券や寝台券など一式を手配した。実際に旅に出てみると、景色の良い席、乗換えのしやすい車両など、満足度の高い指定席ばかりだった。友人の話では、会社の出張などをすべて手がける旅行代理店に依頼したところ、担当者が鉄道ファンのようで、こちらの意を汲み取ってくれたらしい。

筆者の最寄り駅のみどりの窓口に、親身になって手配する女性係員がいる。あるとき、母とふたりの鉄道旅行を計画し、トロッコ列車やSL列車、寝台特急などの手配を頼んだところ、「列車編成表」「座席表」など鉄道ファン向けの資料本を調べつつ、景色の良い席をそろえてくれた。こういう担当者に出会えるとうれしい。次も同じ人に頼みたいと思った。

(杉山淳一)