写真提供:マイナビニュース

写真拡大

100円台から展開されるため、お手軽なB級グルメ感が強いハンバーガーだが、全国には1万円もする超高級バーガーや、「そんなものもバーガーにするの?」という驚きのバーガーもあるのだ。そのレポートをチェックしてから、実食に出掛けても遅くはない!?

3代目店主の情熱が生んだ傑作、熊本県の「カラコロバーガー」って?

熊本名産といえば? そう!カラシレンコンだ。数百年の歴史をもつこの日本の伝統食が、あろうことかハンバーガーに変化し、その絶妙なる味わいでファンも急増しているという。今回は「カラコロバーガー」という、火の国・熊本のユニークバーガーを全国の皆さんに紹介しよう。

北海道で繰り広げられるハイレベルご当地バーガーウォーズ

魚介、ラーメン、スープカレー……。北海道はご存じの通り味の宝庫だが、忘れちゃいけないのが「ご当地バーガー」だ。メジャー過ぎる北海道グルメの陰に隠れているが、実は優れたご当地バーガーが数多く存在し、日夜シノギを削っている。

ビールと思いきや…沖縄のファストフードの側にあるルートビアって?

「ビア」と名がついているが、実はビールではない。とはいえ、見れば泡もありグラスに注げば黒ビールと見間違うようなルックスだ。今も沖縄エリア全体に根付いているこの「ルートビア」を、沖縄のファストフードとの魅惑的な食べ合わせ・組み合わせも含めて紹介したい。

広島のワニは海を泳ぐ!? バーガーやプリンもあるワニ料理って?

広島県三次市を中心とした備北地方で、昔から食べられてきた伝統食「ワニ料理」。ギョッとした人もいるかもしれないが、このワニはクロコダイルのワニではない。何と海を泳ぐサメのことをこの地方ではワニと呼ぶのだ。とはいえ、サメだってちょっとギョッとしてしまうかも。

1万円のバーガーも! ファストフードを超えた三重「とばーがー」とは

NHK朝の連ドラでは、北の海女のヒロインが大人気。一方、日本で一番多く海女さんがいるのは三重県の伊勢志摩エリアだ。風光明媚なこの地で、いま個性的な創作バーガーが大増殖中だと言う。その名も「とばーがー」。