瑛太が着る「チンピラ」ミハラヤスヒロが創刊した雑誌の表紙に

写真拡大

 「MIHARAYASUHIRO(ミハラヤスヒロ)」が、初の雑誌「MAGAZINE by MIHARAYASUHIRO」を創刊した。第一号は「CHINPIRA(チンピラ)」がテーマの2013-14年秋冬メンズコレクションを着用した俳優の瑛太が表紙を飾っている。

瑛太が着るミハラヤスヒロの「チンピラ」の画像を拡大

 「MAGAZINE by MIHARAYASUHIRO」は、ソスウインターナショナルが展開する「MIHARAYASUHIRO」の世界観を表現し、コレクション制作に関するクリエーションやコラボレーションなど、様々なプロジェクトをアウトプットするツール。「これまでわかりやすく表現していなかったが、MIHARAYASUHIROをもっと知ってもらいたい」(ソスウインターナショナル・広報)という考えから創刊に至ったという。デザイナー三原康裕の思いをはじめ、西陣織といったコラボレーションの経緯と制作のプロセスなどを伝える。発行は不定期。

 創刊号は、不良少年や下っ端のヤクザ者などを指す「チンピラ」をテーマに発表した2013-14年秋冬コレクションを特集。表紙をはじめ巻頭ヴィジュアルのモデルは瑛太が務め、パリを舞台にファッションフォトグラファーPaolo Roversi(パオロ・ロベルシ)が撮影した。スタイリングはRobbie Spencer(ロビー・スペンサー)、ヘアーはOdile Gilbert(オディール ジルベール)、メイクはMarie Duhartと、世界的に活躍するアーティストが担当。ヘビ柄で織られた西陣織をはじめ、和柄や刺繍、ゴールドやシルバーの装飾品など、威圧的でありながら繊細さを併せ持つチンピラの独特な美意識による2013-14年秋冬コレクションの世界観が表現された。その他、西陣織でコラボレーションしている1688年創業の京都「細尾(HOSOO)」の工房の様子や対談、シューズデザイナーとして原点回帰した三原康裕が手がけるオーダーメイドシューズのプロセスなどが掲載されている。創刊号は顧客への配布の他、路面店では1,260円(税込)で販売中。


【動画】チンピラの美意識を表現 ミハラヤスヒロ2013-14年秋冬メンズコレクション
 http://www.fashionsnap.com/news/2013-03-03/miharayasuhiro-13aw-mens/
・全ルックレポート
 http://www.fashionsnap.com/collection/miharayasuhiro/mens/2013-14aw/