<日本女子オープン 3日目◇5日◇相模原ゴルフクラブ・東コース(6,652ヤード・パー72)>
 難コースに降った雨の影響で多くの選手がスコアを落とす中、4バーディ・4ボギー“72”のパープレーで回った菊地絵理香がトータル2オーバーで首位と5打差の単独2位に浮上した。“72”はこの日の全選手のベストスコアとなる。
宮里美香、“3回目”の大差で迎える日本女子オープン最終日
 予選ラウンド2日間を共に“73”で終えていた菊地だったが、この決勝ラウンドに入って攻め方を変えた。予選ラウンドはメジャーらしく無理をせずグリーンセンターを狙っていたが、「ピンが傾斜に切ってあってどこからでも3パットをしそうなので、それならピンを狙ったほうがいいんじゃないかと思った」とこの日はデッドにピンを攻めてベストスコアをマーク。攻めた分4つのボギーも叩いたが「目標にしていた通りイーブンパーだったので良いラウンドだった」とうなずいた。
 今大会はショットもさることながら、この日も27パットとパッティングが好調。その秘訣は“真似と賞金王の教え”だ。まず先週から「周りの選手を見たら姿勢を高くしている選手のほうが入っていると思った」と、女子プロ仲間を参考にパッティングのアドレスをややアップライトにした。すると、「今の自分には一番合っている」とパッティングに安定感をもたらした。
 そして、もう一つ「良いヒントがあった」と参考にしたのが、最近読んでいるという藤田寛之の著書だ。「私はインサイドに引くとか、バックスイングで悩んでしまうんですけど、藤田さんの本にはどっちに引こうがまっすぐインパクトに入ってくればいいと書いてあって、今週は考えずにできています」と賞金王のパッティング理論を取り入れて、パターの名手のスムーズなストロークも手に入れた。
 最終日に向けては5打差があるだけに「2位狙いで…えへへ」と笑ったが、一つかみ合えば爆発も十分にある状態。悲願のツアー初優勝を狙う美人プロが最後までメジャーを盛り上げる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
さくら、初の日本タイトルへ耐えて3位タイに浮上
最年少予選通過14歳アマ松原由美にあわやペナルティ騒動
「流れ良くない」藍、今年ワーストスコアで14オーバー49位タイ
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング