アーティストに転身クリストフ・コパン 南青山で日本初の個展開催

写真拡大

 王室御用達の帽子や自身の名を冠したブランドのデザイナーで活躍したChristophe Coppens(クリストフ・コパン)が、アーティストとしての日本デビューを飾る個展「THE HILLS ARE ALIVE : LANDSCAPE 2」を南青山の小原流会館B1階「DdB GALLERY」で開催する。独創的な作品を展示するほか、日本の生産技術にChristophe Coppensのデザインを取り入れた関連商品を販売。会期は10月24日から27日までで、「青参道アートフェア」の一環として実施される。

クリストフ・コパンの日本デビュー展の画像を拡大

 ベルギー出身のChristophe Coppensは、20年以上にわたるファッションデザイナーのキャリアに2012年に終止符を打ち、アーティストに転身。アートとファッションの垣根を超える独創的なデザインが特徴的で、オランダ・ロッテルダムのポイマンス・ヴァン・ベーニンゲ美術館で開催したデビュー展「Everything is Local:Landscape1」は、作品が同美術館に収蔵されるなど異例の成功を収めたという。

 今回開催される「THE HILLS ARE ALIVE : LANDSCAPE 2」では「青参道アートフェア」を主催する青参道アートフェア実行委員会の運営元アッシュ・ペー・フランスが支援を行い、日本生産の関連プロダクト「MADE IN JAPAN BY Christophe Coppens」のディレクションを担当。原型師によるソフトビニールのトイやこだわりの素材で作ったトートバッグ、日本のデジタルプリントを最大限に生かしたスカーフなどを展示・販売する。入場は無料。

■CHRISTOPHE COPPENS
“THE HILLS ARE ALIVE : LANDSCAPE 2”
 会期:2013年10月24日(木)〜2013年11月16日(土) 
    *10月24日(木)19:00〜22:00はレセプションパーティー(一般参加可)
 会場:DdB GALLERY (ディディビーギャラリー)
    東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1F
 時間:12:00 - 19:30
 TEL:03-6427-5710
 定休日:月曜日
 観覧料: 無料