『R100』初日舞台挨拶で「満足しています!」と胸を張った松本人志監督

写真拡大

松本人志監督最新作『R100』の初日舞台挨拶が10月5日に新宿バルト9で開催され、松本監督をはじめ、大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、佐藤江梨子、渡辺直美、渡部篤郎が登壇。上映後のステージに現れた松本監督は「やっとここまでこぎつけた。自分の撮りたいものの相当な部分まで表現することができた。非常に満足しています」と胸を張った。

【写真を見る】『R100』で女王様役を演じた佐藤江梨子。スタイル抜群!秋色のパンツ姿で登場した

本作は、『大日本人』(07)、『しんぼる』(09)、『さや侍』(11)に続く松本監督作第4弾。1年間絶対に退会することができない謎のクラブに入会してしまった男に降りかかる不思議な出来事の数々が描かれる。“SとM”をテーマに人間の2面性が映し出されるが、松本監督は「『そして父になる』と『そして父はMになる』をワンパックとして見てもらえれば」と、福山雅治主演映画にちゃっかりと便乗。会場を笑いの渦に巻き込んだ。

ボンデージ姿の女王さまから、あらゆる“責め”を受ける主人公を演じた大森は、「皆さんが、僕をどのような目で見ているのか不安です」と苦笑まじりに会場を見渡した。「すでに2回見た」というのが渡部で、「表面的にはSとMや、大森の醜い体が目につくけれど、2回見ると、改めて知的な映画だと思った。松本さんはすごい方」と松本監督を絶賛。その言葉を受けて、照れ気味の松本監督は「大森さんと渡部さんのシーンに感動した」と告白。「僕と浜田(雅功)がやったらただのコントになってしまうようなシーンが、素晴らしい役者さんがやると、絶妙なバランスになるものなんだなと。勉強になったし、感動していました」とキャスト陣から大いに刺激を受けた様子だ。

上映後の舞台挨拶とあって、観客からの質問に答えることになった一同。観客から「監督の映画の魅力は、ラストにどれだけビックリさせてくれるか。今回もぶっ飛んだ」との感想を聞くと、松本監督は「Mを突き詰めると、最終的にどうなるのかと長いこと悩んだ。僕なりに理論立てて、答えを出した」と述懐。「最後にビックリさせたいという思いは強い。この先、映画を撮れるかわかりませんが、すごいものを見たなというものを作りたい」と思いを明かしてくれた。

最後に松本監督は「一人くらいこんなメチャクチャな監督がいても良いのかなと思っている。次も機会があれば頑張りたいと思っている」と意気込み、会場から大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】