<コカ・コーラ東海クラシック 3日目◇5日◇三好カントリー倶楽部西コース(7,315ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」の3日目。全選手がハーフターンした時点で、2日目に通算3アンダーで2位タイにつけた武藤俊憲が前半4バーディ・ノーボギーで4つ伸ばし、通算7アンダーで単独首位に躍り出た。
 初日2日目と単独首位に立っていた宮里優作は2バーディ・1ボギーで通算5アンダーにするも2位に後退、2打差で武藤を追いかける。その宮里と1打差の単独3位に韓国のチェ・ホソン、続く通算3アンダー単独4位に冨山聡がつけた。さらに通算2アンダー5位タイには藤田寛之、上平栄道、近藤共弘、平塚哲二ら7人が続く。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
宮里優作が単独首位を死守!「自分のゴルフができている」
14歳中学生アマ・岡崎練がツアー歴代3位の年少予選通過を達成!
2日目はサスペンデッドに、松山&スコット組は4アップのリード
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング