JR北特急、信号見落とし35km超過

ざっくり言うと

  • 1日、札幌発函館行きの特急が制限速度を35キロ超える時速80キロで走行していた
  • 30代の男性運転士が徐行区間を示す信号を見落としたことが要因
  • 国土交通省が行った同社への特別保安監査の直後のトラブルという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング