写真提供:マイナビニュース

写真拡大

近畿日本鉄道は観光列車「つどい」の運行開始を記念し、「観光列車 『つどい』 運行記念入場券セット」を運行初日の10月5日から販売開始する。

赤い文字で「観光列車 『つどい』 運行記念」と印刷された伊勢市駅と賢島駅の入場券各1枚と、同列車のにぎやかな外観や特徴的な車内スペースの写真をあしらった特製台紙がセットとなっており、発売額は290円(大人用のみ)。

1,000セットの限定発売で、「つどい」停車駅(伊勢市、宇治山田、五十鈴川、鳥羽、鵜方、賢島)の特急券発売窓口のほか、近鉄の主要駅営業所にて取り扱う。10月12・13日に東京・日比谷公園で開催される「第20回鉄道フェスティバル」でも販売する予定。発売期間は11月30日までだが、売り切れ次第販売を終了する。なお、入場券として利用できるのは10月5日限り。

近鉄の観光列車「つどい」は、10月5日に伊勢市〜賢島間で運行を開始。2014年3月30日までの間、計111日間運行する。

(佐々木康弘)