防衛成功から僅か2週間弱で、次期防衛戦が決まったUFC世界ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(C)GONGKAKUTOGI

写真拡大

3日(木・現地時間)、UFCが来年2月1日(土・同)にニュージャージー州ニューアークのプレデンシャル・センターで開催されるUFC169でUFC世界ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズにグローバー・テイシェイラが挑戦するという発表があった。

9月21日にライトヘビー級王者として、最多となる6度目の王座防衛を果たしたジョーンズが、9月4日にライアン・ベイダーを下したテイシェイラの挑戦を受けることとなった。また11月16日のUFC167「St-Pierre vs Hendricks」で組まれていたアリスター・オーフレイム×フランク・ミアーの一戦も、同大会にスライドされることも決まった。

2004年1月31日のUFC46(※メインはランディ・クートゥー×ヴィトー・ベウフォートのUFC世界ライトヘビー級選手権)以来、10大会に渡りスーパーボウル・ウィークのUFCはラスベガスで開催されてきたが、11年目となる来年はNY出身のジョン・ジョーンズを擁して、初めてベガスでなく東部での開かれることなる。