親族が採取したキノコで食中毒

ざっくり言うと

  • 札幌市内の夫婦2人が、親族が採取したキノコを食べ、食中毒症状を訴えていた
  • 夫婦が食べたのは有毒の「ニセアセタケ」であることが判明
  • 「ニセアセタケ」は黄土色で、手足にしびれが出ることもあるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング