今日も首位を死守した宮里優作(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<コカ・コーラ東海クラシック 2日目◇4日◇三好カントリー倶楽部西コース(7,315ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」の2日目。トータル4アンダー単独首位からスタートした宮里優作は4バーディ4ボギーの“72”でラウンド。スコアを伸ばすことはできなかったが、単独首位の座を死守した。
宮里優作、悲願の“ツアー初優勝”へ首位発進!
 「今日は出たり入ったりのスコアでした」悲願の初優勝に向けて少しでもスコアを伸ばしたい宮里だったがこの日はバーディとボギーが交互に来る展開となった。しかし2日目に入ってさらに硬さを増していくグリーンに加えて厳しいピンポジションを考えれば、バーディどころかパーをセーブするのも容易ではない。そんな中でもスコアを崩さずにこれたのは宮里が難しいコースセッティングを受け入れてプレーをしていたからだ。
 「ピンは山の上に切ってあるのがほとんどだし、フェアウェイも狭い。このどちらも受け入れた攻め方をしました」これは一言で表現するのは難しいが、つまりティショットでラフに入ればそれを受け入れた攻め方をするし、フェアウェイをとらえたしても狙えないピンポジションであったらそれを受け入れて安全なサイドを狙っていくなど、状況に合わせて柔軟にマネジメントすることを指している。ハードなコンディションの三好カントリー倶楽部ではビッグスコアが出る可能性は極めて低い。そのため、「自分のできること」を常に選択してスコアメイクしているのだ。
 「今のところ自分のゴルフができているので、あとはそれを貫けるかですね」明日は雨の予報が出ているため、グリーンもいくらかやわらかくなることが予想されるが、それでも厳しい戦いとなることは間違いない。最後まで自分のゴルフを貫き、悲願のツアー初優勝を挙げることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
藤田寛之が13位タイに浮上!師匠・芹澤の助言が薬に
14歳中学生アマ・岡崎練がツアー歴代3位の年少予選通過を達成!
2日目の組み合わせが決定、松山&スコットはダフナー&ジョンソンに挑む
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング