アズール バイ マウジーから有名調香師が手がけたフレグランスがデビュー

写真拡大

 今年10月に設立5周年を迎える「AZUL by moussy(アズール バイ マウジー)」からフレグランスブランド「AZUL by moussy - in the spotlight -(アズール バイ マウジー イン ザ スポットライト)」がデビューする。調香師は「TOM FORD(トム フォード)」や「Ralph Lauren(ラルフ ローレン)」などのフレグランスを手がけるChristophe Laudamiel(クリストファー・ラウダミエル)。一部店舗を除いた「AZUL by mossy」各店とWEBストアで10月11日から販売される。

アズール バイ マウジーがフレグランス発売の画像を拡大

 「AZUL by moussy - in the spotlight -」はアントレックスの協力のもと、立ち上げられたフレグランスブランドで、ニューヨークの「DreamAir」の社長であるChristophe Laudamielが調香を担当。エレガンスさとセクシーさが混在したセンシュアルな魅力を放つシグネチャーフレグランスに仕上げたという。アイテムはオードトワレの他、ハンドクリームやキャンドルなど計6商品が展開され、価格帯は1,690円から2,990円。

 バロックジャパンリミテッドが手がける「AZUL by moussy」は、ジーニングカジュアルアイテムをロープライスで展開するウィメンズ&メンズブランド。今年9月にはブランドの発展を目指すため、40歳前後の女性をターゲットにした新ライン「AZUL ENCANTO(アズール エンカント)」を立ち上げ、クールでモードテイストのデイリーウェアを提案している。