6月のコンフェデレーションズカップ後、「4−2−3−1」のワントップで新戦力が起用されている。これまで、Jリーグからは柿谷曜一朗、大迫勇也、豊田陽平が起用され、それぞれが自らの特徴を出して、試合でアピールを続けている。

 10月の欧州遠征メンバーにも招集された柿谷は、現時点でザッケローニ監督のファーストチョイスになりつつあるのだろう。技術やスピード、決定力など、非常に能力が高いFWであり、周囲との連係も試合を重ねるごとに高まっている印象だ。

 柿谷は、チーム全体の戦術や戦い方など、トータルでサッカーを理解しており、そのうえでプレイができる選手。非常に冷静に戦況を分析しているし、感情的にならない。そこが彼の良さであり、ゴール前での落ち着きと決定力の高さにもつながっている。ただ、私としては、柿谷はワントップとして思い切りや強引さをもう少し持ってほしい。シュートではなくパスを選択することと、強引にシュートを打つことのバランスは難しいとは思うが、もっと積極的にシュートを打ってほしい。

 柿谷は視野が広いので周りの動きが見えて、パスコースが見えてしまうから、シュートよりもパスを選択している部分もあるのだろう。しかし、プレイの選択肢をシュートに絞り込んだほうがいい結果になることもある。それはなぜかというと、判断を迷わないことで、思い切りのよさが出て、その思い切りが、相手DFにとっての怖さになる。つまり「ゴールに向かっていく迫力」が出るということだ。柿谷は、シュート技術も非常に高いので、多少角度がなくても、シュートを狙っていってほしい。

 ザックジャパンは、2列目の3人を生かすスタイルが攻撃の特徴といえるが、香川真司、本田圭佑、岡崎慎司の3人との関係性で、柿谷は非常にうまく周りを生かすことができるFW。本田が、柿谷の代表での順応の速さを称賛していたが、それは「柿谷が自分たちを生かしてくれる選手」と考えていることの表れでもある。

 柿谷はイブラヒモビッチのようないわゆる典型的なワントップではなく、周囲と連動して、そこから自分もゴール前に出ていくタイプ。実際、本田、香川、柿谷のコンビネーションからチャンスが生まれていることを考えると、ゼロトップという表現をしてもいいのかもしれない。前を向いて仕掛けるかパスをする、あるいは、1対1で切りこんでシュートまでいく。

 現時点でワントップのファーストチョイスは柿谷になりつつあるとはいえ、どんな選手にも好不調の波がある。前線の選手は、基本的には調子のいい選手を使うべきだと私は思っているので、そういう意味で、今Jリーグで調子がいいFWを起用してほしい。調子がいいというのは「ゴール数」という結果が残っているのは大前提で、数字だけではなく、プレイの内容も重要。そして、今季、好調をキープしているFWのひとりは、鹿島の大迫勇也だろう。今シーズン、守備がやや不安定でも鹿島が上位にいるのは、大迫の力が大きいと思う。

 柿谷が守備ブロックの間でボールを受け、DFをかわして裏に抜け出すことがうまいタイプなのに対して、大迫は、起点になるためにしっかりDFを背負ってパスを受けることができるストライカータイプ。前田遼一に近いタイプともいえる。ヘディングで競り合いもでき、ポストプレイで攻撃の起点にもなり、足下の技術もあって、守備のカバーもできるし、裏にも抜けられて、ドリブル突破もある。オールラウンドなFWだ。

 大迫は、先日の代表戦でボールを持つとシュートを狙うことがほとんどだった。アピールしようという積極性があるのはもちろんいいことだが、積極性が裏目に出ることもある。「パスを出して、味方を生かすほうがいいんじゃないか?」というシーンでもシュートを選択していることが多かった。アピールしようという気迫や、ゴールを目指す姿勢は決して悪いことではないが、これもまたバランスが非常に難しく、もう少しだけ周囲を生かすことを意識してもよかったかもしれない。

 大迫は周りを使うこともでき、トップ下もできるが、ペナルティエリア内で仕事をしてこそ輝く。ポストプレイからフィニッシュへの持って行き方、DFを背負ってから反転してのシュートなど、ストライカーとしてのプレイが体にしみついている選手といえる。

 フィジカルも強いので、ボールが前で収まって、他の選手が連動しやすい。伝統的に鹿島のFWは前で起点を作るボールの受け方も非常にうまい。この先、世界の強豪との対戦で、大迫が果たしてどこまでできるかというのは今後見てみたい。

 また、柿谷と大迫以外に、豊田陽平もワントップ候補としてまた招集してほしい選手。W杯本大会では、対戦相手に合わせてメンバーを変えて戦う必要性が出てくるだろう。短期決戦となるグループリーグ3戦を勝ち抜くために、前線で体を張るフィジカルの強さと高さのある豊田のような選手は必要になるはずだ。

 強豪国にゴール前の中央を固められた時、サイドからクロスを入れ、FWが飛び込んでいく攻撃も、やり方としてひとつあっていい。その場合、ターゲットがいないとサイドの選手もクロスを上げづらいので、中央のターゲットになる豊田のようなタイプは重要だ。

 豊田は、精神面も含めて力強さのある選手で、前線でハードワークもできるし、ゴール前の密集に飛び込んでいく強さと勇気があり、苦しい時に流れを変えてくれる泥臭さを持っている。

 2列目の3人からすると、豊田のプレイスタイルは、柿谷や大迫とはまたタイプが異なるので、違う戦い方になるのかもしれないが、そうしたオプションを持っておくのは必要なこと。試合の状況に応じて途中から投入するカードとして、豊田のような選手がいてほしいと思うし、彼の高さ、速さは前線で有効だ。それで相手DFをまどわせたり、慌てさせたりすることができるはずだ。

 中央突破だけで強豪に勝てるのであればそれでもいいが、中央突破で強豪国のDFを崩すには、メッシのようなスーパーな選手がいないとなかなか難しいし、バルセロナやスペイン代表のようなパス回しができなくてはいけない。日本代表もスペインに近い方向のスタイルを目指しているとは思うが、そこまで高いレベルにはまだ到達していないと考えると、サイド攻撃という方法があってもいいと私は思う。

 そして、サイドからクロスを入れた時の「ゴール前の迫力」ということに関していうと、高さで勝つことに加え、豊田のような泥臭さのある選手が必要になる。つまり、豊田自身がゴールを決めるだけではなく、彼がDFと競り合ってつぶれることで、そこにスクランブルが生じて、ほかの選手がゴールを決める可能性が出てくる。

 柿谷、大迫、豊田ら、FWにはそれぞれの特長があり、それに合わせた攻撃のスタイルがあるはずなので、戦い方のバリエーションを増やす、複数の攻撃のオプションを持っておくという意味で、前線の選手の組み合わせをザッケローニ監督がどうしていくのか、今後も注目したい。

 10月の欧州遠征で招集されたハーフナー・マイクも含めて、ワントップに入るFWそれぞれの特徴をつかんだうえで、2列目の3人がどう絡んでいくか。この先のワントップのポジション争い活性化に期待したい。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro