東大生のお財布の中身ってどうなっていますか?「収入:10万4,020円」

写真拡大

東京大学の学生さんのお財布の中身はどうなっているでしょうか。東大生というと、真面目でしっかりというイメージがあるのですが、生活費の管理もしっかりしているのでしょうか。今回は東大生の懐事情についてです。

■収支のバランスはやや赤字

東京大学の「学生生活実態調査(2010年)」によりますと、東大生の「生活費の状況」は以下のようになっています(平均金額)。

収入:10万4,020円
支出:10万7,710円

支出の方が3,690円多いので、若干の赤字ですね。やりくりには苦労しているのではないでしょうか。

支出の項目別データ(平均金額)を見てみましょう。

衣料費 6,790円
食費 2万3,830円
住居費 6万2,790円
勉学費 6,890円
教養・娯楽費 1万4,270円
通学費 6,070円
雑費 1万1,500円

住居費は6万2,790円と一番大きな出費です。東京は住居費が高いので、東大生の財布を圧迫しているようです。

また食費ですが、自宅から通っている学生の場合には「1万5,350円」ですが、自宅外生の場合には「3万1,470円」になるようで、これもかなりの出費ですね。
収入を見てみましょう。

「家庭からの仕送り・小遣い」「アルバイト・雑収入」「奨学金」「ローン・クレジット・借入金」という項目で、それぞれの平均金額は以下のようになっています。

家庭からの仕送り・小遣い 6万4,230円
アルバイト・雑収入 3万1,910円
奨学金 1万5,080円
ローン・クレジット・借入金 860円

あまりローンなどの借金に頼らず、仕送りとアルバイトでうまくやりくりしようとしている、しっかりした東大生の姿が見えますね。

■授業料は家庭からの仕送りが8割

生活費とは別に、授業料負担に関してはどうしているのでしょうか。データによるとこのようになっています。

家庭からの仕送り 81.0%
奨学金 7.4%
アルバイト・雑収入 3.1%
全額授業料免除 5.2%
半額授業料免除 1.7%
その他 1.7%

授業料は大きな金額になりますから、さすがに自分で何とかするというのは難しいですね。約8割の東大生が「家庭からの仕送り」で支払っています。

●……上記データはすべて、東京大学がホームページで公開している「学生生活実態調査(2010年)」内の「2-2.生活費の状況」から引用しました。

(高橋モータース@dcp)