Gamevil、Com2uS電撃買収!
モバイルゲーム分野で1、2を争うGamevilが同じくモバイルゲーム分野で名を馳せるCom2uSを電撃買収することが4日のGamevilの公示によって明らかとなった。

GamevilはCom2uSの最大株主であるイ・ヨンイル副社長など、特殊関係者の保有株21.37%を700億ウォン(約63億5,000万円)で買収する事を決定し“株式及び経営権の譲渡覚書”を締結した。

GamevilはCom2uSの買収により、モバイルゲーム強者である2つの企業の結合を通じたCom2uSの顧客基盤確保と同時に、戦略ジャンルの補完、グローバル市場における相乗効果を生み出せると期待している。

実際にモバイルゲーム市場は韓国内だけではなく、中国・日本など主要国家においてPCオンラインゲームに劣らない規模へと成長している。

Gamevilは株式売買契約締結日に買収代金5%を契約金として支給し、取引終了日に残金で最終買収代金となる90%を支給、残りの5%を取引完了日から1年後に支給する計画だ。