写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都中央区銀座の「AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)」で、食材や道具の違いを感じる「利きの会」が開催される。日時は「お米の品種分づき編」が、10月26日12時〜、11月16日12時〜、12月4日12時〜。「炊飯道具編」が、12月7日12時〜。料金は3,675円(食事・2合のお米付き)。

○米の知識や、米選びのテクニックなどを知る

同イベントは、さまざまな種類の米や炊飯道具の比較体験を行い、「違い」を楽しんだり「好み」を発見し、その知識を生活に役立てて貰おうと企画された。

「お米の品種分づき編」では、"暮らしに役立つお米の知識とお米を選ぶテクニックを知る"をテーマに、精米、米の鮮度、保管方法などの基礎知識や、おいしいお米の炊きかたなど、暮らしに役立つ知識をワークショップ形式で提供。「炊飯道具編」では、全6種類の炊飯道具をつかったごはんの食べ比べを行い、米の炊き上がりの違いや、土鍋でおいしいごはんを炊くコツ、土鍋おすすめ料理を学ぶことができる。

定員は「お米の品種分づき編」が各日30名、「炊飯道具編」が24名。なお、両イベントともに、6種類の利き米体験と食事(ごはん、お供、味噌汁)に加え、持ち帰り用として2合の米が付いてくる。

(OFFICE-SANGA)