<コカ・コーラ東海クラシック 2日目◇4日◇三好カントリー倶楽部西コース(7,315ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」の2日目。全選手がハーフターンを終えた時点で、初日4アンダーで単独首位に立った宮里優作が4アンダーをキープ、単独首位を堅守している。
 この日、宮里は2バーディ・2ボギーとスコアを伸ばせない一進一退のゴルフを展開。しかし、他の選手が難コースに手こずりスコアを伸ばしていないため単独首位をキープしている。
 1打差の通算3アンダー2位タイに塚田陽亮、中国のゴ・アジュン、武藤俊憲の3人、続く通算2アンダー単独5位に星野英正がつけている。さらに通算1アンダー6位タイには藤田寛之、小田孔明、小平智ら6人が並ぶ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
宮里優作、悲願の“ツアー初優勝”へ首位発進!
藍、痛恨4パットトリで出遅れ…伏線は先週の優勝争いに
松山が救った!最終18番値千金バーディで引き分けに持ち込む
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング