写真提供:マイナビニュース

写真拡大

旅行口コミサイトTripAdvisor(トリップアドバイザー)は、2013年夏の中国本土在住の旅行者の利用動向をもとに、「中国人旅行者に人気の海外旅行先、トップ20」を発表した。

○京都が急成長で前年度580%に

同サイトは、中国では 到到(daodao.com)のブランド名で、同国向けにカスタマイズしたウェブサイトを運営している。2013年の夏(7月、8月)に daodao.comにアクセスし、海外旅行に関する情報収集を行った中国人旅行者数(ユニーク・ビジター数)は数百万人。昨年同時期と比較し、250%超の増加となった。

このほど、2013年7月〜8月期における、エリア別のdaodao.comの訪問者数に基づいた人気海外旅行先を発表した。1位は香港(50%)。2位はプーケット、3位は台湾。10位までは、バンコク、パリ、ドバイ、マカオ、ソウル、シンガポール、バリ島という順位になっている。

上位20位に入った旅行先のうち、 前年比で4倍以上の増加となった急成長エリアは、京都が最大の580%で、以下に済州島(570%)、コタキナバル(550%)、ハノイ(510%)などが続く。

上位20位以降には、カンボジアのシェムリアップ、タイのパタヤ、マレーシアのサバ、ドイツのベルリンなどがランクインした。

(フォルサ)