新米大家のレッド吉田さんが、百戦錬磨の先輩投資家から、賃貸経営の極意を学ぶ本連載。今回 のゲストは、平均利回り20%という高利回り中古アパートへの投資を軸に、約3800万円の家賃収入を得る石原博光さんです。起業家、そして著述家として も活躍する石原さんに、叶えられない夢はない?! 石原さんの次の夢やお金を稼ぐためのゲン担ぎまで幅広く語り合った対談の第5弾。

[参考記事]
レッド吉田さん vs 石原博光さん

●利回り20%を実現するカリスマ大家が不動産投資を始めた理由

●不動産投資も芸能界もリスクの先に見えてくる景色がある!

●不動産投資で銀行から借りた金利は下がるものではなく、下げるもの

●田舎の1万円も都会の1万円も同じ


アパートの売却金でシアトルに不動産を購入


レッド吉田さん(以下、レッド) 海外投資がはやっているようですが、石原さんはどうですか?

石原博光さん(以下、石原) 実は、僕の夢はアメリカ移住なんですよ。それに向けて去年、アメリカのシアトルに50万ドルの商業不動産と、カリフォルニアに12万5000ドルの戸建てを購入しました。そのために8月にまとまった金額をドルに両替していたのですが、当時は1ドル78円と円高でしたから、戸建は約1000万円で買えたことになります。1年で為替利益分の2割と、土地の値上がり分の2割で、4割くらい価値が上がっているんですよ。

レッド すごくいいタイミングで買われたんですね。その家は貸し出しているんですか?

石原 はい。1350ドルですぐに入居者さんが決まりました。利回りはおよそ13%です。キャピタルゲインも狙えるので、いい買い物だったと思います。

レッド 意外と利回りが高いんですね。ビックリです。ところで、海外の物件を買う時って、融資はどうするんですか?

石原 家に関しては頭金を4割いれて融資も利用できるという話でしたが、二つとも現金買いです。千葉の船橋と旭のアパートを売却したので、そのお金をあてました。このアパートの購入金額は両方で6390万円だったんですが、それが所有して約100ヶ月後に8050万円で売れたんですよ。

レッド ワオ!このご時世に、キャピタルゲインが取れるなんてすごいですね。家賃収入も入れると、かなりのプラスですよね?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)