日本「TPP仲介役」で存在感示す

ざっくり言うと

  • 難航しているTPP交渉について説明している
  • 決着を急ぐ米国と、拙速な交渉を嫌う新興国の対立が解けないという
  • 日本は米国と新興国の「仲介役」として存在感を示しつつある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング