写真提供:マイナビニュース

写真拡大

国立天文台 三鷹で18日・19日、「三鷹・星と宇宙の日2013」が開催される。

○三鷹キャンパスの豊かな自然の中で、楽しい1日を

同イベントは、国立天文台、東京大学天文学教育研究センター、総合研究大学院大学天文科学専攻の特別公開。今年は、「アルマ望遠鏡で探る銀河と惑星のルーツ」として、南米・チリで観測を始めた電波望遠鏡群・アルマがメインテーマとなる。期間中は、協力団体による物品販売や天体観望会、三鷹市星と森と絵本の家でのイベントなどを開催する。

10月18日は、一部施設の公開・展示、ミニ講演会、質問コーナー、天体観望会(雨天中止)などを開催。時間は14時〜19時(入場は18時まで)。14時まで入場・見学はできない。

10月19日は、主要観測・実験施設の公開、展示、研究紹介、講演会、ミニ講演会、質問コーナー、スタンプラリー、天体観望会(雨天中止)などが企画されている。時間は10時〜19時(入場は18時まで)。

開催場所は、 東京都三鷹市大沢・国立天文台 三鷹、東京大学天文学教育研究センター(国立天文台三鷹に隣接)、三鷹市星と森と絵本の家(国立天文台三鷹に隣接)。その他、詳細は同イベントWebサイトを参照のこと。

(エボル)