写真提供:マイナビニュース

写真拡大

近畿日本ツーリスト個人旅行は、人気の近鉄観光特急「しまかぜ」の乗車を含む2泊3日の旅行プラン「往復新幹線グリーン車、往路近鉄観光特急『しまかぜ』で行くお伊勢参り くつろぎのふたり旅 伊勢志摩・名古屋3日間」を発売した。

このツアーは移動手段にこだわっているのが特徴で、発着地の東京・品川・新横浜から名古屋までの往復には新幹線グリーン車を使用し、名古屋〜鳥羽間の往路で「しまかぜ」に乗車。観光地でのおもな移動には、タクシーまたはセミハイヤーを使用する。ホテルや食事も豪華で、1泊目は鳥羽国際ホテルのオーシャンビュースイートルームに宿泊し、夕食はフレンチコース。2泊目は名古屋マリオットアソシアホテル高層階のデラックスツインルームに宿泊。夕食は夜景が見える窓側の席での「名古屋御膳」、朝食はルームサービスで、名古屋コーチンの卵料理や小倉トーストなどを盛り込んだ「名古屋モーニング」を味わう。

式年遷宮で話題の伊勢神宮では、「検定お伊勢さん」上級合格の観光案内人が外宮と内宮を案内。全体を通して、伊勢志摩と名古屋をゆったり観光できるツアーになっており、同社では「ワンランク上のご夫婦におすすめのプラン」とPRしている。旅行代金は大人2名で24万円から26万8,000円(2朝食、1昼食、2夕食付)。プランの設定期間は10月2日から2014年3月29日までの特定日となっている。

「しまかぜ」は伊勢神宮式年遷宮に合わせ、近鉄が伊勢志摩地域活性化の切り札として投入した新型車両。今年3月22日にデビューし、大阪難波〜賢島間および近鉄名古屋〜賢島間でそれぞれ1日1往復運行(水曜日を除く)されている。

(佐々木康弘)