女優・藤原紀香(42)の元恋人で、証券アナリストの乾牧夫氏(45)が窮地に陥っているという。

「彼は紀香さんと別れてからというもの、勤務先のUBS証券で散々な目に遭っています。昨春には香港に飛ばされ、アナリストとしての人気は急下降。その後仕事が減り、今年8月末までに退社に追い込まれたというのです」(乾氏の知人)

 兵庫県芦屋市出身の乾氏は上智大を卒業後、山一証券などを経て、2004年にUBS証券に入社。花形と言われる通信部門で、一時は経済紙のアナリストランキングのトップ5に入るほどの人気ぶりだった。

「バブル時代は年間数億円を稼いでいたようで、3千万円以上するフェラーリを乗り回していました。軽井沢の別荘では、会社経営者を招いてワイン会を主催。前妻はモデルで、現在バツ2です。藤原紀香という“高級ブランド”を手に入れたときには、有頂天になっていました」(同前)

 紀香が陣内智則と離婚して2年余りの11年7月、ふたりの真剣交際が発覚した。まもなくタヒチ島への「婚前旅行」が写真週刊誌に報じられた。紀香も当初、自身のブログで、

〈報道のキャッチの早さにはびっくりです(苦笑)〉などと交際を事実上認めていた。芸能プロダクション関係者が振り返る。

「紀香の事務所が所有する車に乾さんが同乗するなど、公認の仲でした。乾さんの住む六本木ヒルズで半同棲し、結婚も目前だったのですが……」

 だが、12年に入り、乾氏の香港赴任が決まると状況は一変したという。

「当初、乾さんは『紀香も香港についてくるんだ。夢のような生活になるよ!』とノロケていました。でも結局、12年の春ごろには破局。別れてからの乾さんの落ち込みようは半端じゃなかった」(前出の知人)

 紀香には、2度目の結婚へ踏み切れなかった「理由」があったのかもしれない。

 乾氏についてUBS証券広報部に問い合わせると、「退職したのは事実ですが、その経緯などは申し上げられません」との答えが返ってきた。

 乾氏の父親が、息子の行く末を案じて言う。

「息子はまだ香港にいて、10月半ばには一時帰国する予定。再就職先は決まっていませんが、今は“充電期間”といったところです」

 女心といい、自らの市場価値といい、アナリストにしては少々「読み違い」が多すぎるようだ。

週刊朝日  2013年10月11日号