韓国歓迎に福山雅治「嬉しい」、釜山国際映画祭のレッドカーペット。

写真拡大

映画「そして父になる」の主演・福山雅治らが10月3日、韓国・釜山で行われた第18回釜山国際映画祭のオープニングセレモニーに出席。是枝裕和監督と子役2人と共にレッドカーペットを歩いた。

この日、会場の沿道には約3,000人の一般客、レッドカーペットにはムービー100台、スチール記者300人ほどのマスコミ陣が詰めかける中、福山をはじめとする面々が登場。沿道から歓声があがり、ケガ人が出そうなくらいの押し合いもあったりと、大盛り上がりをみせた。

福山は今回が初めての訪韓。そんな韓国について「すごく歓迎されていて嬉しいです」と答え、3回目となる国際映画祭への参加については「すごく華やかで、またヨーロッパとは違う華やかさで楽しみにしています」と期待を寄せた。

子役の2人は緊張した様子で、福山が服の乱れを直してあげたりと、まるで父親のように優しくエスコート。是枝監督は落ち着いた様子で、本作での5回目(カンヌ、トロント、サンセバ、ニューヨーク)の映画祭を楽しんでいる姿が見られた。

なお、同映画祭には日本から「もらとりあむタマ子」の前田敦子や、オダギリジョー、「共喰い」の青山真治監督らも参加。韓国からはBIGBANGのT.O.Pや2PMのオク・テギョンらも姿を見せ、映画祭にさらなる華を添えた。

映画「そして父になる」(配給:ギャガ)は大ヒット上映中。