<フンドーキンレディース 最終日◇3日◇臼杵カントリークラブ(6,461ヤード・パー72)>
 ステップ・アップ・ツアー「フンドーキンレディース」の最終日。この日3アンダー3位タイからスタートした杉本愛理が7バーディ・1ボギーの“66”をマークし、逆転でステップ・アップ・ツアー初優勝を飾った。
美香、2アンダー首位タイ!横綱白鵬の激励に刺激
 この日、最終組が前半を終えた時点で、初日首位に立った藤田光里と杉本の2人が6アンダーで並び混戦となった。杉本は後半に入ってもバーディを重ね3つ伸ばし9アンダーでホールアウト、最終組の藤田を待った。その最終組の藤田は、上がり3ホールで伸ばせず8アンダーでフィニッシュ。それにより通算9アンダーの杉本の逆転で優勝を挙げた。
 「前半はショットとパットが良くなくてバタバタでした」と杉本。カート道に当たりフェアウェイにボールが戻ってくるなど運も味方し前半3つ伸ばした。しかし、後半に入り「ハーフターンの時にパターのチェックをしたら、“テイクバックをまっすぐ上げなきゃいけない”と意識し過ぎて、手で上げていたことに気づきました」と自身のパッティングをチェック。そこからパットのフィーリングをつかみ始め、11番ではカラーから8〜9ヤードのバーディーパットを沈める。続く12番でもバーディを奪取。そして、初日3パットでボギーを叩いた17番。ここでもバーディを奪い9アンダーとし、勝負を決めた。
 しかし、ホールアウト後「ホールアウトしてスコアを見たら光里ちゃんが上げてきていて“また2位の匂いがする”と思いました」とドキドキだった杉本。
 「ステップで2位、2位といい感じでつかんできたものが、先週練習できなかったり、体調を崩したことでまっさらになった感じがした。スゴイいい時のスイングが出来なくて、焦りしかなかったけど、“今回、成績は気にしなくていいから頑張ってきな”とお母さんに言われて優勝なんてとても考えてなかったです。(優勝を)意識しなかったことがよかったんですかね」と無欲でプレーし優勝をつかんだ。
 杉本はこの優勝によりレギュラーツアーの出場権を獲得。「プロとして初のレギュラートーナメントを楽しみながら頑張りたいです。85期生頑張ってますから」と先に行く同期の倉田らと共にレギュラーツアーに挑む。
 ちなみに、1打差の単独2位には初日首位の藤田となり、続く通算7アンダー単独3位に福田真未がつけた。さらに藤崎莉歩が通算5アンダーで単独4位となった。
【最終結果】
優勝:杉本愛理(-9)
2位:藤田光里(-8)
3位:福田真未(-7)
4位:藤崎莉歩(-5)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
イ・ナリ、ホールアウト後に誤所からのプレーが発覚
不動裕理、1打差5位タイスタートも後半失速に不満
藍、痛恨4パットトリで出遅れ…伏線は先週の優勝争いに
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング