ボブソンHDが来春フィリピンに出店 現地企業とライセンス契約を締結

写真拡大

 ボブソンホールディングスが、フィリピン共和国のマニラ市を拠点とするメッツグループのジィインズとライセンス契約を締結したと発表した。来春を目処にフィリピン国内での店舗展開を進めていく方針で、毎年10から20店舗前後の出店を計画しているという。

ボブソンがフィリピン企業とライセンス締結の画像を拡大

 今回のライセンス契約を機にボブソンホールディングスは、ジーンズを主体とするボトムに加え、トップス・服飾小物などをフィリピン国内で展開していく予定。高級プレミアムジーンズとして中間所得者以上である25歳から35歳の男女をターゲットとして定め、百貨店やモールを運営しているロビンソンズ社等へ40坪前後の店舗規模で出店を進めていくという。

 メッツグループは、ジーンズ生地を主体とした輸出入会社から、縫製工場、洗い工場及び冷凍倉庫会社等の十数社からなるグループ企業で、フィリピンの地元ブランドである「フリーゴー」「フレッシュギア」を展開。アメリカのデニムブランドである「Wranglar(ラングラー )」のライセンス販売を行っており、現在直営店を含む650店舗以上の販路を持っている。同社は、日本ジーンズである「ボブソン」ブランドに対して、過去より蓄積された日本の技術を背景としたノウハウと新しいジーンズの開発力に期待。今後、大きく拡大していくと言われているフィリピンのアパレル市場の代表ブランドとしていく計画だという。