初日2アンダー首位タイと好発進の宮里美香(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本女子オープン 初日◇3日◇相模原ゴルフクラブ・東コース(6,652ヤード・パー72)>
 2010年大会での鮮烈な優勝以来の大会2勝目を狙う宮里美香が2アンダーで佐伯三貴らと並んで首位タイスタートを決めた。
宮里美香、先輩・藍とのペアリングに「楽しみ」
 「セカンドショットが良かったのでスコアにつながった。70点くらいですね」と笑った宮里は2番で約10メートルを放り込んでバーディを先行させると、8番、11番と2つのパー5でもバーディを奪取。13番は3パットのボギーとしたもののわずか6人のアンダーパーグループに食い込み絶好の位置で初日を終えた。
 だがこの日はバーディ以上に、逃してしまったバーディチャンスが多かっただけに、「正直もう少しいけたかなという感じ」とホールアウト後は苦笑い。特に前半は6番、7番共に1.5メートルほどのバーディパットを外すなど、微妙な傾斜のあるグリーンに取りこぼしも目立った。
 この日は昨年3月以来という宮里藍とのラウンド。先輩は4パットのトリプルボギーを叩くなど苦しんだが、「楽しく色んな話ができましたし、4パットとかしても何も変わらないのが藍先輩だと思う。気持ちの切り替えがすごい」と中盤盛り返した先輩のプレーに改めて尊敬の念を強くした。
 先週のオフには大相撲秋場所を観戦しリフレッシュ。昨年から親交があり同場所で優勝を果たした横綱・白鵬からは電話で「優勝しろよ」と激励メッセージを送られた。日本で受ける多くの刺激を推進力にして、メジャー2勝目へ突き進んでいく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
藍、メジャーへ最終調整「今日本で一番欲しいタイトル」
イ・ナリ、ホールアウト後に誤所からのプレーが発覚
「プレジデンツ・カップ」いよいよ開幕!松山英樹がT・ウッズ率いる米国選抜に挑む!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアー賞金ランキング