2打罰で11位タイとなったイ・ナリ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本女子オープン 初日◇3日◇相模原ゴルフクラブ・東コース(6,652ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー「日本女子オープン」の初日。この日OUTスタートの最終組を回り1アンダーの好位置で競技を終えたイ・ナリ(韓国)だったが、ホールアウト後にルーリング違反が発覚した。
 同伴競技者でイ・ナリのマーカーを務めていたアマチュアの野澤真央が16番ホールでパッティングをする際にボールが動いたと指摘したもので、イ・ナリと野澤は競技委員会と共にテレビの映像を確認。イ・ナリは気づいていなかったがボールの近くでパターヘッドを動かした際にボールに当たり、わずかに動いていることが確認された。
 この際、プレイヤーは1罰打を受けてボールを元の位置にリプレースしなければならなかったが、イ・ナリはそのままプレーしたため誤所からのプレーの罰則が適用され16番ホールに2罰打を付加。順位は1オーバーの11位タイとなった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
宮里美香、先輩・藍とのペアリングに「楽しみ」
異例!? メジャーの舞台に3組の姉妹が参戦
宮里優作、悲願の“ツアー初優勝”へ首位発進!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング