9月のフジサンケイクラシックで、早くもプロ入り3勝目を飾った"大物ルーキー"松山英樹。日本ツアーの獲得賞金はすでに1億円を突破し、賞金ランキング(海外メジャーを含む)のトップを独走している。

 そんな松山は、世界水準で見ても"エリート・ルーキー"である。なにしろ、世界アマをはじめ、数々のアマチュアの国際大会に出場してきた。2010年、2011年には2年連続でアジア・アマを制し、自力でマスターズの出場切符を獲得。2011年の同大会ではローアマに輝いた。アマチュア世界ランキング1位の座にも就いて、松山世代から下の世界トップジュニアにとっては、誰もが目標とする存在だった。

 そして、プロ転向を果たした今年、海外メジャーでも奮闘。全米オープンで10位タイ、全英オープンで6位タイという素晴らしい結果を収めた。その後、米ツアーを転戦して全米プロでも19位タイの成績を残すなどして、わずか7試合の出場で来季の米ツアーシード権まで手にした。世界的に注目されていた"エリート"は、まさにその期待どおりの活躍をルーキーイヤーで見せたのだ。

 さらに松山は、現地10月3日〜6日まで開催されるプレジデンツカップに参戦(会場はミュアフィールドビレッジGC/オハイオ州)。世界選抜チームのメンバーとして、彼にかかる期待はかなりのものがある。

 松山が挑むプレジデンツカップは、米国選抜vs世界選抜(欧州国籍の選手を除く)によるチーム対抗戦。1994年に第1回大会が開催され、以来、米国選抜vs欧州選抜の対抗戦であるライダーカップと交互に、2年に1回行なわれている。過去に日本人選手は、渡辺司(1994年)、尾崎将司(1996年)、尾崎直道(1998年)、丸山茂樹(1998年、2000年)、石川遼(2009年、2011年)が出場している。
※2001年に開催予定だったライダーカップが、アメリカ同時多発テロ事件の影響で2002年に順延。それを受けて、プレジデンツカップも2002年大会を2003年に延期。以降、奇数年に行なわれるようになった。

 プレジデンツカップの名のとおり、米国選抜チームのキャプテンは、大会前に必ず大統領を表敬訪問し、開催パーティーにはゴルフ好きで知られるクリントン元大統領が出席するなど、非常に権威のある大会だ。したがって、米国選抜チームはその威信にかけても負けられない。実際、過去9大会の戦績は7勝1分け1敗と米国選抜が圧倒している。

 唯一、米国選抜が敗れたのは、1998年大会だった。そのとき、大活躍したのが、最優秀選手賞(MVP)を受賞した丸山茂樹だ。今年の大会では、その功績もあって、世界選抜の副キャプテンを務めることになった。

「英樹には、いろいろと教えてあげたい」と、常々語っている丸山。その言葉は、実に重く、貴重だ。

 かつて、松山は青木功とも接点があった。当時小学生の松山は、愛媛県の奥道後でキャンプを張っていた青木と出会って、それが本格的にゴルフを始めるきっかけにもなった。

 そうやって、松山英樹という選手は、先輩選手たちに可愛がられる側面がある。朴訥(ぼくとつ)で、野太く、誰にでも媚(こ)びることなく接するキャラクターが、周囲を惹(ひ)きつけるのだろう。だがそれ以上に、よりスケールの大きな世界へと向かって、その高みを目指して戦っていこうという信念と迫力を持った松山の姿が、"世界"を知っている先輩プロたちには、眩(まぶ)しくてたまらないのかもしれない。

 プレジデンツカップの練習日、世界選抜副キャプテンの丸山は、松山の練習ラウンドに付き合っていた。そこでは、丸山が自身のアプローチの技を松山に伝授する光景もあったという。丸山の米ツアーでの経験、さらに彼が持っている技量、判断力、ゲームマネジメント、そして世界が認めたアプローチの技術は、これから世界を舞台にして戦っていこうとする松山にとって、最高の味方であり、このうえない財産となる。

 また、プレジデンツカップの世界選抜の一員に選ばれたこと自体、松山にとっては大きな意義がある。世界ランキングの上位選手がズラリと顔をそろえ、そのウイナーズサークル(常に優勝争いを演じる選手たち)のゴルフをつぶさに体感できるからだ。きっと、いい意味で、独特で異質な空気感を味わえる。その仲間入りを果たせたことは、かけがえのない経験になるだろう。

 気がかりは、大会最終日の1対1のシングルスマッチ。松山はマッチプレーが苦手のようなのだ(36ホールのストロークプレー後、ベスト32の選手がマッチプレーで競う日本アマは未勝利)。しかしそれも、心強い副キャプテン・丸山から必勝法を授かっているかもしれない。

 何はともあれ、プレジデンツカップという舞台が松山のゴルフ人生に新たな刺激を与えることは間違いない。もしそこで結果を出せれば、松山の今後がさらに楽しみになる。

三田村昌鳳●文 text by Mitamura Shoho