写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ちょっとした息抜きや待ち合わせなど、様々な場面でお世話になるコーヒーショップ。アメリカの映画のように、毎朝コーヒーをテイクアウェイするのが日課という人も多いのでは? 日本にもたくさんのコーヒーショップがありますが、日本に住んでいる20人の外国人によく行くコーヒーショップはどこか聞いてみました。

■スターバックスです。コーヒーの種類が多くておいしいお菓子もありますし、ソファなども用意してくれているので、おいしいコーヒーを飲みながら友達などとゆっくり雑談できるからです(ブラジル/30代後半/男性)

■スターバックス。フラペチーノが夏に最高です(マリ/30代前半/男性)

■スターバックス。コーヒーもおいしくて、雰囲気もいいからです(ロシア/20代後半/女性)

■スターバックス、どこでもあるので便利です(中国/20代後半/女性)

■スタバ。音楽がいい(トルコ/20代後半/男性)

■スターバックス。コーヒーがおいしい(オランダ/30代前半/男性)

■スターバックス。見つけやすいところが好きです(インドネシア/40代前半/女性)

■スタバ、いつも混んでるけど雰囲気がなぜか落ち着く(韓国/30代後半/女性)

半数以上の方が「スタバ」ことスターバックスコーヒーによく行くと答えました。言わずと知れたアメリカのコーヒー専門店ですが、今や世界中どこでも見つけることができます。ただし、オーストリアのように深〜いコーヒー文化を持つ国では、ライバルも多く苦戦を強いられているもよう。とはいえ、みなさんそれぞれの理由でスタバが大好きなようです。

ところで、オランダで「コーヒーショップ」というと喫茶店のことではなく、ソフトドラッグの販売店のことです。店内でコーヒーが飲めるところもありますが、コーヒーを飲むために来る人はほとんどいません。間違って入らないようにしましょう。

■ルノアールです。すごく落ち着いていて、ビジネスミーティングなどにぴったりなので好きです(フィリピン/40代前半/女性)

シブいですね。もともと商談などで長時間利用する人のためにデザインされているのか、ゆったりした応接室のようなインテリアが特徴的な「喫茶室」です。昔ながらの喫茶店といったイメージですが、今では無線LANや電源も自由に使えるなど、実は時代に合わせて進化しています。

■サンマルクカフェ, 手ころな値段。長く利用できる(チュニジア/40代後半/男性)

■サンマルクカフェ。チョコクロがおいしい(ドイツ/30代後半/男性)

■ドトール。サンドイッチがおいしい(ペルー/40代前半/女性)

日本のコーヒーチェーンも人気です。でもコーヒーの味よりほかの点が評価されているような……。サンドイッチがおいしいドトールコーヒーは、ハワイ島に広大な農園を運営している本格派です。サンマルクカフェのチョコクロは確かにおいしいですね!

■コーヒーを飲んだら眠れなくなるので、コーヒーは飲めません(ギリシャ/30代前半/男性)

■コーヒーは飲めませんが、利用しようと思うならゆっくりできる所にします(タイ/30代後半/女性)

少数ですがコーヒーが飲めないという人も。筆者は紅茶派ですが、実はお茶はコーヒーよりもカフェインの含有量が多いと聞いたことがあります。眠れなくなることが心配なら、お茶もやめた方がいいということですね。

禁煙、喫煙やランチメニューの充実などもチョイスの理由のひとつになりそうなコーヒーショップ。紅茶の専門店に比べ値段が安く、入りやすい雰囲気のお店が多いのも魅力です。みなさんのお好きなコーヒーショップはどこですか?

(岩佐史絵)