写真提供:マイナビニュース

写真拡大

茨城県土浦市佐野子の桜川畔(学園大橋付近)で、「土浦全国花火競技大会」が開催される。開催日時は10月5日、18時〜20時30分頃まで。荒天の場合は翌日の日曜日、翌週の土曜日・日曜日・月曜日(体育の日)のいずれかに延期となる。

○全国の煙火業者が、色とりどりの花火で技を競い合う

同大会では、全国から集まる花火師たちが、日本一をかけてスターマイン、10号玉、創造花火の3部門で技を競い合う。3部門のうち最も優れた出品者には「内閣総理大臣賞」を贈呈。スターマイン優勝者には「経済産業大臣賞」、10号優勝者には「中小企業庁長官賞」、創造花火優勝者には「茨城県知事賞」が贈られるという。

打ち上げられる花火は、宮城県・若松煙火製造所の「昇曲導付三重芯変化菊」(10号玉)、静岡県・静玉屋の「蝶の旅立ち」(創造花火)、新潟県・新潟煙火工業の「夜空に描く煌めきの橋」(スターマイン)、福島県・糸井火工の「八重の桜」(スターマイン)など。

なお、当日は会場の一部が有料観覧席(桟敷席)となる。混雑が予想されるので、桟敷席券が無い場合は桟敷席から離れた場所での観覧がおすすめとのこと。

(OFFICE-SANGA)