<日本女子オープン 初日◇3日◇相模原ゴルフクラブ・東コース(6,652ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー「日本女子オープン」が神奈川県にある相模原ゴルフクラブ東コースを舞台に開幕。メジャーらしいタフなセッティングに選手が苦しみロースコアの展開の中、前半スタート組の佐伯三貴、井芹美保子、テレサ・ルー(台湾)の3人が首位に立った。3人は共に“70”でラウンド、2アンダーで並んだ。
 先週の「ダンロップ女子オープン」では惜しくも2位タイに終わった宮里藍は、11時40分からアウトよりスタート。その宮里は立ち上がりの2番でボギー、続く3番ではトリプルボギーと連続トラブル。一気に4つ落とし4オーバー75位タイと苦しい出だしとなった。現在、宮里は4番を終わり5番をプレー中。
 一方の同組でラウンドしている宮里美香と吉田弓美子は、共に首位と1打差の1アンダー4位タイと好位置につけている。その他の4位タイには日下部智子、シン・ヒョンジュの2人もつける。続くイーブンパー8位タイに比嘉真美子、木戸愛、大江香織ら14人が並び、さらに1オーバー22位タイには、横峯さくら、堀奈津佳、上原彩子ら16人が続く。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
藍、メジャーへ最終調整「今日本で一番欲しいタイトル」
宮里美香、先輩・藍とのペアリングに「楽しみ」
松山はマスターズ王者とタッグ!シンプソン、ハース組と激突
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング