ロード・オブ・キングのあだ名をもち、フィリピンの公共交通の雄として君臨するジープニー。朝夕の通勤時間帯は主要道路を埋め尽くす。料金は初乗り8ペソ(約20円)で、それを乗り継いで大概のところへ行ける【撮影/志賀和民】

写真拡大

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さん。その志賀さんでもいまだに理解できないというマニラの道路事情。複雑にしているのはMMDAと呼ばれる監督官庁だ。

タクシー運転手でもわからない道路事情

 マニラではやたらと一方通行が多い。左折は、左折できる交差点を探すのが大変なくらいだ(フィリピンでは車は右側通行なので右折禁止ではなくて左折禁止が多い)。

 これがマニラの道路を複雑にしており、ドライバー泣かせとなっている。交通規制がない場合と比べて、道を覚えるのに10倍くらいの労力が必要になっているのではないか。

 マニラ在住10年以上というベテラン3人が新しいレストランに行くことになったとしても、自力で行こうとしたら、いったいどこを通ったらそこへ行きつけるのか、喧々諤々の議論になってしまうほどだ。

 もちろん交通規制まで網羅したような気の利いた道路地図があるはずもない。行きと帰りでは道順が違うし、時間帯で規制が変わってしまうこともあり、せいぜい自宅と事務所、行きつけの食堂などの数点を結ぶ道路を覚えるのがやっとだ。

 だから、通いなれた通勤路をタクシーでいく場合は、タクシーに道順を教えてやらなければならない。たとえプロでも慣れていないところはわからないのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)