写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三陸鉄道は、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のイラストを募集する「秋のさんてつ祭り『あま絵』イラストコンテスト」を実施する。番組中の一場面を描いていれば、手描きでもデジタルデータでも応募可能。プロ・アマを問わず、広く全国に応募を呼びかける。

『あまちゃん』は岩手県の久慈地域を主要な舞台とし、三陸鉄道をモデルにした鉄道会社「北三陸鉄道」もストーリーの重要な要素として登場。久慈駅は「北三陸駅」としてたびたび登場したほか、トンネル内で停止し、津波の被害を免れた「奇跡の車両」をもとにしたエピソードも描かれた。ドラマの影響で、久慈地域を訪れる人も大幅に増えているという。

作品の募集期間は10月28日まで(必着)。手描きの場合はA4サイズの画用紙かケント紙を使用し、三陸鉄道運行本部内「あま絵」イラストコンテスト係宛に郵送する。デジタルデータはメールでの応募も可。三陸鉄道などの関係者による1次審査と、岩手県知事、三陸鉄道社長、NHK盛岡支局長などによる2次審査を経て、受賞作品を決定する。

受賞作品は「秋のさんてつ祭り」で表彰するとともに、同会場で展示する予定。NHK盛岡放送局でも後日展示するとのこと。

(佐々木康弘)