瑛太の15年を15秒間に凝縮 資生堂が超高速コマ撮りCM公開へ

写真拡大

 資生堂が10月3日、俳優の瑛太を単独起用した新テレビCMのキービジュアルを公開した。CMは4日から放映をスタートし、8月にリニューアルした霧状スタイリング剤「ウーノ フォグバー」にフィーチャー。10代前半から現在の「イケてる」瑛太になるまでのヘアスタイルの変遷を、通常の20倍以上という200枚以上のカット数で超高速に重ね合わせたコマ撮りCMに仕上がっている。

資生堂が瑛太の15年映すコマ撮りCM公開への画像を拡大

 男性用化粧品ブランド「ウーノ」の新CM「バージョンUPしちゃいなよ。」篇は、15秒の間に約15年分を凝縮するためにロケ1日とスタジオ2日間の長丁場で撮影されたという。完成したCMは、ターゲットのスタイリングエントリー層(中高生)が抱える「ガラッとイメチェンするのは恥ずかしい」「さりげなくチェンジしたい」というニーズに応え、瑛太の単独起用を通じて「カンタンで自然がいいじゃん」とメッセージを発信。音楽の作曲は前回の洗顔CMに引き続きロックバンドRIZE(ライズ)のベーシストKenKenが担当し、今回はベースだけではなくドラムにも挑戦している。

 セット力とキープ力を大幅アップさせた新生「ウーノ フォグバー」は、これまでに2,000万個以上が販売されている「ウーノ」のヒット商品。新CMの連動企画として、自分の顔写真を取り込むだけで瑛太になりきることができるスマートフォン向けコンテンツ「瑛太なりきりジェネレーター」や、週刊少年マガジンで連載中の「七つの大罪」とのコラボレーションなど、スタイリングエントリー層にリーチする多彩な企画が計画されている。

■瑛太を単独起用 ヒット商品ウーノフォグバーがリニューアル
 http://www.fashionsnap.com/news/2013-08-29/uno-renewal-eita/

■ウーノ
 http://www.shiseido.co.jp/uno/

■瑛太なりきりジェネレーター
 http://www.eita-narikiri-generator.jp/